2008年06月21日

電話で伝える難しさ(昨日の続き)

今さっき電話をして修理のお願いをしました。

どうやら電話が殺到しているようで、かけてもかけても電話に出てもらえず(込み合っています云々のアナウンスもなく)、やっとのことで繋がったという感じです。

住所を電話口で伝えて、そこにレンジを入れる箱を送ってもらうんですが、大変難しいものです。

京都の地名って変わった読み方をするところが多いんです。

僕のとこも初めての人が見たら読み方が分かりづらいと思います。

一々、一文字一文字説明をして、理解してもらうことになります。

僕の場合は名前も男にしては比較的珍しい名前なので、それを伝えるのにも説明をしなければなりません。

毎回毎回、それが大変で・・・



郵便番号をはじめに教えるのだから、そこである程度住所を調べておいて欲しいものです。
posted by 六 at 10:37 | 京都 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース
2008年06月20日

リコール

三洋電機は20日、00年6月〜07年9月に製造した小型オーブンレンジのうち31機種88万台に発火の恐れがあるとして、無償点検・修理(リコール)すると発表した。これまで発火事故が3件あったが、けが人はなかったという。同期間に三洋が製造したオーブンレンジの約5割にあたり、同社のリコールとしては過去最大規模となる。(中略) リコール対象の機種は以下の通り。機種名は前面右下に記載されており、すべて「EMO―」で始まる。

 BC8、CH4〜10、CH8FF(「フランフラン」ブランドで販売)、H40、H60、KDH1、ME5、MVP5〜7、S4〜9、SJ9、T5〜7、TH5、TH6、CH3(HW)の一部、S3(HL)の一部、SH1(H)の一部。

asahi.com


何気なく、サイトを見ていたらこんな情報がありました。
家の電子レンジも対象商品でした。
オーブン・グリル運転コースの使用時に発火する恐れがあるとのことです。

僕は今までほとんどこのコースは使ったことがないし、今後も使う可能性は低いと思いますが、明日になったら電話をして問い合わせてみようと思います。

88万分の3の確立で発火しているということですが、自分の使っているレンジもその可能性があるとなるとかなり不安になります。


今日、家に帰ってから21時のNHKのニュースと報道ステーション(視聴途中)を見ているのですが、このニュースが流れていないと思います。(見逃しかもしれない)

新聞を取っている人なら明日の新聞に出るのでしょうが、取っていない人間にとってはこういうニュースを知るにはテレビニュースを見るか、ネットのニュースを見るかしかありません。

新聞を取る人や、ネット上でニュースを見る人というのは自主的に情報を得ようとしているので、このリコールのニュースにはすぐ気づくでしょう。

ただ、そうではない人もいっぱいいます。

そういう人もこの電子レンジを持っている可能性があるわけで、それによって生活に大きな影響が与えられる可能性があります。

こういう人にとってもしっかりとリコール情報を伝えなければならないと思います。

それができるのはテレビなのではないでしょうか。

新聞、ネットなどは能動的なもので、自分からアプローチしなければなりません。(ネットでは少なくともクリックしなければ情報を得ることはできません。)

テレビは点けておきさえすれば、内容はともかく色々な情報が入ってきます。
リコールの情報を流せば耳、目にはその情報が入ってくるはずです。

まったく知らないのと聞いたことがあるではえらい違いです。
聞いたことがあれば自分の持っている商品がリコール対象だと気づく可能性はあります。
それによって事故を防ぐことができる可能性があります。

なので、テレビニュースでトップに流すのはもちろん、1時間に1回ぐらいはあらゆるリコール情報をCMのように流して頂けないでしょうか?

以前の松下のように自社のCMを変更して回収を訴えるというのもいいですが、たとえばテレビ局が自社の番宣CMを1つや2つ減らして情報提供してみると効果的だと思います。









うまくまとまっていませんが、今日のニュースなので今日中に。

posted by 六 at 22:53 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
2008年06月13日

ごおぇ+やほお!

http://japan.cnet.com/marketing/story/0,3800080523,20375234,00.htm

米Yahooは米国時間6月12日、Googleが競合企業でもあるYahooに対して検索広告を提供する非独占契約を結んだことを明らかにした。これにより、Yahooは検索事業における売り上げの増加を期待できるが、同時に検索市場でのさらなる支配力をGoogleに与えることにもなる。

どんどんgoogleの一人天下になっていくんですね。

日本はどうなるのかわかりませんが・・・


僕が初めてインターネットを使った記憶として残っているのは、小学校6年、1997年の後半だったと思います。
目的は1998年の長野オリンピックに向けて様々な種目を調べて校内に発表するという児童会の「オリンピック委員会」の活動です。

そのころはどこの検索サイトを使っているとかは意識していなかったんですが、結構な種類があったことを覚えています。

まだこのころはgoogleはなかったんですよね。


それがどんどん勢力を伸ばし、ものすごい会社になり、そして今回・・・


まだ広告分野だけの提携みたいですが、今後どうなるのかはなんとなく予想がつきます。


個人的には2台巨頭になってほしいんですけど・・・

時々googleで出てこない情報がyahooでも出てくることがありますから。
posted by 六 at 13:47 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
2008年05月29日

学校裏サイト

株式会社サイブリッジは2008年5月29日、学校裏サイトに特化した検索サイト「学校裏チェッカー」のサービスを開始した。

中略

学校裏サイト特化型の検索サービスで、通常の検索エンジン等では発見できない学校毎の裏サイトをユーザーからの申請によって掲載していく。

http://japan.internet.com/busnews/20080529/4.html

はじめにこのニュースを見たときに「何でこんなに見つけやすくするの?」って思いました。見つけやすくなることで多くの生徒がアクセスする機会が増え、悪い方向に活発になっていってしまうかもしれません。

でも、色々考えているうちに少し考えが変わりました。裏に隠れていたものを表に出すことで悪意ある書き込みを抑制できるかもしれません。
学校側でもこの実態を知ることが出来ると思います。

ただ、生徒がある程度そのリスクを知って、学校側もどのような対策を採ればいいか知っておく必要があると思いますが。

そのためにはしっかり小学生のころから教えておくべきです。もし、あなたがこんな書き込みをされたらあなたの周りにこんなことが起きてしまいます。見たいな感じで。




学校裏サイト、見てみましたが変な感じがしました。そこで悩みを持っている生徒がそれを解消できるのかもしれませんが、それ以上に人を傷つけやすいものだと思います。

僕個人的にはなくなったほうがいいものだと思います。

それに変わるものとして学生のみが参加できるSNSってどうでしょうか?
コミュニティも○○学校というものだけで、悪意のある書き込みに対しては運営側である基準にのっとって削除できるという感じで。
posted by 六 at 12:20 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

安さゆえのリスク

走行中の高速バスから出火、けが人なし…名神高速

29日午前0時10分ごろ、大津市国分の名神高速上り線で、走行中の西日本ジェイアールバス(本社・大阪市此花区)のJR大阪駅発東京駅行き高速バスから出火。


YOMIURI ONLINE5月29日より


どうやらけが人がいなかったようで何よりです。

バスは青春メガドリーム。4列の2階建てバスです。僕はJRバスは3列のドリーム号しか乗ったことはないのですが、どちらも同じ会社のバスということで、ゾッとします。

近いうちにまた東京に行く予定があるので、ちょっと不安になってきました。
時間的にはまだ出発してまもなくで、休憩の直前だったみたいですね。これも不幸中の幸いだったと思います。
3時とか4時とか、多くの人が眠りに入っている時間だともっとトラブルになっていたのかもしれません。(少なくとも僕はなっていることでしょう。)
平日なので、旅行に行くという人はそこまで乗っていなくて、恐らく就活だったり、仕事とかで東京に行く人が多かったと予想されます。トランクに入れてある荷物なんてほぼ全焼だったと思います。



高速バス、夜行バスのメリットはやはり、値段の安さにあると思います。ひょっとすると新幹線で行く半分ぐらいに抑えられるかもしれません。
一方デメリットは狭い空間と事故の危険だと思います。これはバスが安くなるにつれ高まってくるように思います。

夜中に高速を走るわけですから、たとえば運転手が眠くなってきてしまったり、ほかの車が危険運転をしていてそれに巻き込まれたり。

その危険性をしっかりと認識した上でバスに乗るべきです。






こういうときの荷物の保障とかってどうなるんでしょうかね?
posted by 六 at 02:20 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
2008年05月28日

目覚めのお供は?

株式会社アイシェアは、20〜40代の男女を対象に「目覚ましに関する意識調査」を実施、2008年5月28日、調査結果を発表した。

中略

目覚める時に何を使っているか、複数選択方式で聞いたところ、「携帯電話の目覚まし時計機能(現端末)」が最も多く54.3%、解約後も破棄せず持っている「旧端末携帯電話の目覚まし時計機能」も1割ほど。現・旧端末含め「携帯電話で目覚める」と答えた人は全体の59.9%にのぼり、「目覚まし時計」の46.2%を上回った。


http://japan.internet.com/wmnews/20080528/6.html



電話やメール、ネットについで、目覚ましは携帯の中でよく使う機能です。

設定がしやすかったり、家だけでなく外出先でも使うことができるなどという利点があると思います。
僕もしっかりと活用しています。

僕の携帯は1度に5種類アラームを設定出来るので、起きるべき時間から5分ずつ遡って20分前から設定しています。
また、次の日、絶対に遅れることが許されないような日は、しっかりバイブも鳴るようにし、ポケットの中に入れて寝ています。
僕は寝るとき、必ずラジオか音楽をつけているので、携帯の音楽に気づかないこともあります。なので、それよりも気がつきそうな刺激を与えることで目を覚ますようにしているのです。

また、携帯だけでなく普通の目覚ましも使っています。
これも音よりも刺激を与えることを目的としている目覚ましで、パッドを枕の下にセットして、時間になるとものすごい振動が頭を揺らすっという、かなりの力技の目覚ましです。
これは本当に効きます。
これをとめずにずっと寝ていたら、脳みそがグラングランなって、体に異変をきたしてしまうかもしれません。

そんなこんなで、僕は一人暮らしをはじめてから大遅刻をした覚えがありません。


と、色々書きましたが、僕は直接目覚ましに起こされる機会っていうのが少ないんです。
次の日に遅刻しないように、目覚ましを念入りにセットするから、しっかりと自分の中に起きる時間がインプットされていて、目覚ましがなる前に起きてしまうのがほとんどです。
目覚ましをセットするという行為も目覚ましの一環となっているんですね。



皆さんはどんな目覚ましを使っているのでしょう?
posted by 六 at 19:55 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
2008年03月28日

開幕・SNS

セリーグ開幕しましたね。

阪神は見事勝利。

ただ、関テレでしか見れなかったので、最後の最後で途中で切られてしまいました・・・

−−−−−−−−−−−−−−

http://japan.internet.com/research/20080324/1.html
SNSのアクティブユーザーが減少しているっていう話です。

ある程度の人数までブームのように広まって、それが終わった後に定着せずに離れていっちゃったということですかね。

友達に招待されて始めて、その後その使い道がはっきりせずにやらなくなる。

僕もSNSを友好的に使うことができていないと思います。



一時期は大学図書館のPCコーナーでもmixiをやっている人がいましたね。

珍しく学校でレポートをやろうとしているときに限ってそういう人たちが邪魔で・・・


SNSのアクティブユーザーが減ってきているのに対し、携帯は伸びています。
http://back-of-chirashi.seesaa.net/article/86900068.html

ですから前も書いたようにmixiで携帯からも外部ブログを見ることができるようにしてほしいものです。
posted by 六 at 23:58 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
2008年03月13日

遠征前にひとつだけ

http://www.j-cast.com/2008/03/13017807.html
ブログで自分が選考を受けていた企業の悪口を書いていて、それが炎上したっていうニュースです。

僕の場合はあくまで自分の反省、記録としてこのブログに就活について書いてるだけなので大丈夫だと思いますが、気をつけなければなりません。

企業も情報を外部に漏らす人は採りたくないでしょうからね。








行ってまいります。
posted by 六 at 20:37 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
2008年02月27日

米スタバ

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20080227AT2M2701Q27022008.html
アメリカのスターバックスで26日の午後5時30分から9時まで全店舗を閉鎖して従業員教育を行ったという話です。

アメリカ人の生活習慣っていうのはよくわかりませんが、結構大きな損失になったでしょうね。

でも、こういうことをやって顧客に品質に対する信頼感を与えることができるからいいのかもしれません。


この記事から色々前を追ってみると、マクドナルドが店舗にコーヒーコーナーをつくり、コーヒーでの増収を図っているとのこと。

そのあおりをスタバが受けてしまい、リストラや店舗の閉鎖を余儀なくされています。


今回のこれは、苦肉の策ってやつですかね。











僕は味音痴ですので、どこのコーヒーが美味しいとかいうのはわかりません。

スタバとかのカフェには勉強や、就活での空き時間をつぶすために利用しています。

ですから、少し高くても場所代と思って割り切っています。

なんか落ち着けるんですよね。



初めて一人でこういうところに行くとき、とても緊張しました。

メニューが色々あるし、頼み方もよくわからず・・・

後、飲み方。

はじめはあのカップの上の蓋を取るもんだと思っていました。


今となってはいい思い出です。









結局飲むものはいつも一緒です。
posted by 六 at 20:59 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
2008年02月26日

きせい

http://mainichi.jp/select/biz/news/20080226ddm008020083000c.html
テレビなどの放送とインターネットとを区別せずに同じものとして規制をする方針だということです。

携帯のフィルタリングもそうですけど、最近ネットに対する規制云々って話がよく出てきますね。



テレビは「政治的に中立か」「公序良俗に反していないか」という観点で規制されていたみたいですけど、これをネットに当てはめるのって無理がありますよね。

公序良俗はわかるけど、ネットで政治的な中立さを規制するって言うのはね・・・

一番いいところを奪い取るっていうわけですよね。



テレビの既得権益のようなものを守るためにネットというメディアの成長を押さえつけるようなものとも考えてしまいます。
posted by 六 at 22:50 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
2007年12月18日

寿命

長寿、男性は長野県 女性は沖縄県 平均寿命延びる
(asahi.com 2007年12月17日)

最も長生きの都道府県は、男性が長野の79.84歳、女性が沖縄の86.88歳であることが、17日、厚生労働省の調査で分かった。平均寿命は、前回の00年の調査に比べて、すべての自治体で延び、全国平均は、男性が78.79歳(前回77.71歳)、女性が85.75歳(同84.62歳)だった。最も短かったのは男女とも青森の男性76.27歳、女性84.80歳だった。
(以上asahi.comより引用)


男性では長野県民が最も長生きだそうです。女性も全国5位でした。

県民としてはうれしい限りの結果です。

厚労省の発表をみてもらえば、ランキング表示がされているんですけど、この結果って別に「田舎だから寿命が長く、都会だから寿命が短い」ってもんではないんですね。

東京や神奈川が上位に来ているんですから。

確かにその地域の空気、食とかも大事な要素だと思いますが、医療制度的なものが大きな要因なんでしょうね。



よくよく考えてみると、僕の余命も、このとおり行けば後60年ぐらい。

恐らく、もっと早くいなくなると思いますが・・・



中学生頃の時、死後の世界とか考えて、夜怖くて眠れない時期がありました。

天国、地獄はあるのか?

それとも、何もない世界が広がっているのか?

今は、そんなこと考えないのですが、あの頃の精神状態ってどうだったのでしょうか・・・
posted by 六 at 03:00 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
2007年04月25日

ついにAmazon

米アマゾン、日本で商店街型事業 楽天、ヤフーと競合(朝日新聞)

こんな記事がありました。

あの有名な巨大ネット通販会社、Amazon.comが日本版のAmazon.co.jpにおいて、従来の自前で商品を仕入れて販売する形に加えて、他企業からの出店をしてもらうという、楽天のような商店街型を導入したということです。本家のAmazon.comでは元々やっていたことらしいのですが、今回はそれを日本に持ってきたのです。
実際に見てみました
posted by 六 at 01:24 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース
2006年10月29日

履修漏れ

今日もバイトに行こうと思って朝早く起きたのですが、物凄い腹痛に襲われてお休みをしてしまいました。
未だにお腹が痛くて今も予断を許さない状況です。
なので、明日のバイトもお休みをすることにしました。

お腹が痛くて布団に入っていても頭の中は元気だったりするわけで、巷で話題になっているニュースについて考えて見ました。

続きを読む
posted by 六 at 00:56 | 京都 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース
2006年09月08日

ノート

怖いもんですね。
ナイフを持っていただけで即逮捕とは。

持ち歩いていたというわけではなく、車に置いておいたという感じですしね。
刃渡り8.6センチほどのアーミーナイフを持っていたから銃刀法違反だということです。
確かに決められた法律を犯したわけですから、逮捕されるのはしょうがないことかもしれません。
しかし、なかなか釈然としません。


この、アーミーナイフって要するに十得ナイフのことですよね。
今は持っていませんが、以前は持っていました。

ナイフのほかに、やすりや缶切り、マイナスドライバーにはさみ、さらにボールペンなんかもついていてかなり便利だったんですがね。

僕のやつは刃渡りがもう少し短かったと思うんですが、人を攻撃する凶器としてとても危険というわけではないように思えるんですがね。
多分、刺すことは不可能で、相手の手首狙いしか効果がないと思われます。

まあ、僕の指には中学時代このナイフで切った傷跡が残っていますがね・・・




とりあえず、このようなナイフを正当な理由なく持っていてはいけないと規定するのでしたら、購入するときに厳しい審査とかが必要じゃないでしょうか?(されているのかな?)

簡単に持つことができるものを何の気なしに持っていて、だから逮捕されるっていうのは納得できません。




っていうか、正当な理由とは?
キャンプに持っていくというのはいいみたいですね。今回ははっきり答えられなかったから駄目だった見たいですが、キャンプに持っていくのが禁止されるんならこういうナイフの存在意義がなくなるも同然ですからね。

じゃあ、非常用に車においていたというのはどうなるのでしょう?

いつどこで地震が起こるかわからない地震列島日本。
念には念を入れて自宅のほかに車にも非難袋を用意していたという場合は認められるんですかね?

ちょっと気になりました。





そういえば、デスノートといえば映画版の出演者の中村獅童が飲酒運転と信号無視で書類送検をされていましたね。





さらに映画版の監督をやった高瀬比呂志監督も亡くなってしまったそうです。


小畑健さんはデスノートの作者と言っても作画だったと思うんで、映画版には直接関わりがないような気がしますが、中村獅童演じるリュークはアニメーションだから、小畑さんが関係していますよね・・・



























なんかありますね

posted by 六 at 12:12 | 京都 ☁ | Comment(2) | TrackBack(3) | ニュース
2006年03月22日

WBCと大学の話

優勝しちゃいましたね。WBC。

途中、エラーが続いたときにはハラハラしましたが、優勝してよかったです。

イチローはやっぱりすごいですね。

ここぞというときにしっかり勝負を決めてくれる、ホントにかっこよかったです。

投手もところどころ打たれてしまったところがありましたが決めるところは決めてくれる、さすがですね。


このままの熱気をシーズンでも見せてもらいたいですね。





―――――――――――――――――――――――
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060321-00000004-kyt-l26

同大、文系学部を今出川に 2013年にも一本化 理系は京田辺
 同志社大の八田英二学長は20日までに、現在のキャンパス構成を再編し、2013年にも文系学部を今出川校地(京都市上京区)に1本化する方針を明らかにした。実現すれば、文系6学部の1、2年生約9000人が京田辺校地(京田辺市)から移る。
 同志社女子大も09年に2学科約1500人を京田辺から今出川に戻す予定で、郊外流出が続いていた「学生の街」に活気が戻りそうだ。
 同大は1986年の京田辺校地開設から、20年にわたって主に1・2年生が京田辺、3・4年生が今出川とキャンパスを分けていた。再編で、文系を今出川、理系を京田辺に集約する考え。
 今出川校地は2010年秋に同志社中が左京区岩倉に移転する計画で、この跡地を活用する。すでに1年生から今出川で学んでいる政策学部を含め、7学部体制となる。
 京田辺校地は既設の工学部と文化情報学部に加え、08年度にも新たに「生命医科学部(仮称)」など理系の2学部を設ける方針を決めている。学部融合型の研究などができる環境整備を目指す。
 現在の学年別に分かれたキャンパス構成は、教育研究や学生のクラブ、課外活動面で一貫性が持ちにくく、通学の問題や就職など将来の意識づけの面でも支障を指摘する声が一部からあった。
 大学設置基準の緩和や立地規制の法改正などを受けて移転を議論していた。地域のことも配慮しながら、具体的な移転の在り方などについて慎重に検討を続ける。
(京都新聞)


おそらく、僕の卒業した後の話になると思うので、そこまで関係ありませんが、気になったので取り上げてみます。
確かに、商学部の僕としては1、2回生のときは京田辺で過ごした後に3、4回生で今出川で過ごすというのはちょっとメンドイと感じていたので、まあ賛成です。
今の状況だと縦のつながりというものがあんまり出来ないような感じがしますからね。

しかし、そうなると今のサークルの感じも変化していくのかな・・・



posted by 六 at 01:16 | 京都 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | ニュース
2006年03月14日

夢のような

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060314-00000332-reu-ent

ノルウェーで珍事、蛇口から水の代わりにビール
 [オスロ 13日 ロイター] 台所の蛇口から水ではなくビールが出てくる珍事が12日、ノルウェー西部クリスティアンスンのアパートで起きた。
 この珍事を体験したアパートに住む女性、ハルディス・グンダーセンさんによれば、台所でナイフやフォークを洗おうとした際、蛇口から突然ビールが流れ出たという。彼女はその時の様子を「まるで天国にきたのかと思った」と話す。すかさず出てきたビールを飲んでみたが、少し変な味で泡も立っていなかったという。
 原因は、この女性の部屋の2階下にあるバーで前日、新しいビール樽の管を間違って、水道管につなげてしまったため。
 グンダーセンさんは、「同じことが再び起きるなら、今度は(コーヒー・リキュールの)ベイリーズをオーダーする」と話した。
 ノルウェーは、ビールの値段が世界で最も高い国のうちの1つ。バーで飲んだ場合、400ミリリットルで約50クローネ(約890円)もかかる。
(ロイター)



宇治市の小学校でお茶が出る蛇口があるっていうのは聞いたことありますが、家の蛇口からビールとは・・・

こうして記事で見ると物凄いうらやましいように思いますが、実際に家の蛇口からビールとか出てきたらまずビビリますよね。

もし、これがトマトジュースだとしたら・・・

あらかじめ何が出るのか分かっていれば別に驚かないのですがね。


今は、無性にオレンジジュースが出てきて欲しいです^^;
posted by 六 at 22:43 | 京都 ☀ | Comment(1) | TrackBack(1) | ニュース
2006年01月24日

逮捕

あっけなかったですね。
ホリエモンの逮捕。
僕は、スペイン語の自動翻訳と、Operaのダウンロードでしか使ったこと無かったですから別にどうでもいい話なんですがね・・・

なんか、ホリエモンが殺人者のように扱われていてちょっと気の毒ですよね。
特別番組も各局で組まれていましたし・・・
拘置所までの搬送をヘリまで出して追う必要はあったのでしょうか・・・

強制調査が入る前までは面白がってテレビにバンバン出していたくせに、急に徹底的にたたき始めることにとてつもない違和感が・・・

まあ、犯罪を犯しているので叩かれるのは当然なのですが、ニュースとかワイドショーを見ているとどうも釈然としません。


まあ、派手なことをやっていた人なんで最後も派手に終わっていくのでしょうかね。



今日、レポートを書きながら国会中継をちらちらと見ていたのですが、このライブドアの問題も含めた民主党の前原さんの質問を見ていて、なんか嫌な感じがしました。

「堀江氏を小泉改革の象徴として扱っていた小泉首相には責任がある」みたいな発言がよくできますね。
確か、ホリエモンに最初に出馬を打診したのは民主党だと思ったのですが・・・
なりふり構わずって感じですね。

多分、明日からの予算審議でもこの話題と耐震強度偽造の話題でで無駄な時間が費やされるのでしょうね。

その耐震強度偽造の問題でも野党は安倍官房長官の秘書の問題を突こうと思っていたみたいですけど、全否定されてしまいましたね。
小島氏はどちらかというと公明党の議員と強い繋がりが歩きがしないでもないですので、そこらへんを突いてみたほうが賢明かと思います。



しっかりとニュースは見ていないのではっきりとしたことは言えませんが、ヤマハ発動機のラジコンヘリ無断輸出の事件もかなりヤバイと思いますし、色々事件が多いですね・・・















ザ・たっちはホリエモンのネタが出来なくなってしまいましたね。
どうするのでしょう。
posted by 六 at 01:14 | 京都 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース
2005年12月20日

やっぱりあんまり好きじゃない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051220-00000117-jij-spo

決まりましたね。清原のオリックス入りが。

観客不足のオリックスにとってはとてつもない知名度のある清原が入団したことはいいことだと思うのですが、上手くいくかどうだか。

僕は清原という選手が好きではありません。

テレビが変に崇めているところも気に入りませんし、本人もそれで図に乗っている感じがして嫌です。

また今回の記者会見でも故仰木彬さんの名前を出して「義理人情に厚い自分」というものをアピールしているように思えました。(本当に義理人情に暑い人なのかもしれませんが、今までのこともあるし・・・)



なんか、最近筋肉を落としたようですが、「今更?」っていう感じです。

これは僕の推測でしかありませんが、清原の衰えの原因は体重以上に目の衰えが大きいと思うのです。
さすがにあの打率はボールがよく見えていないからでしょう。

足が悪くてももう少しは打率が上がると思います。


なので、もう来年もだめでしょう。


なんか、中村も入ってくるみたいですし、監督も微妙。

来期のオリックスは別の意味で注目です。
posted by 六 at 23:55 | 京都 ☀ | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース

あの感動を・・・

関連のニュースはコチラ



1998年に長野オリンピックが開催されてからもうすぐで8年になります。
僕はそのころ小6で、委員会でオリンピック委員という、なかなかなれるもんじゃない委員会に入っていました。

長野でオリンピックをやっていたときには、地元の学校で学校ごとに何か競技を見に行くことになっていたんですが、僕たちはボブスレーを見に行きました。

正直・・・
目の前をすぐに通り過ぎてしまうので全然面白く無かったです。




やっぱり長野オリンピックで印象に残っている競技はスキージャンプ。
家族ではラージヒルを見に行きましたし、団体は小学校の授業中に見たのを覚えています。

ラージヒルは、確か船木が優勝して原田が銅メダルだったと思うんですけど、原田は1回目に失敗して、2回目でかなりの大ジャンプをしてメダルを獲得した記憶があります。

そのジャンプは生で見てホントにびっくりしました。
普通のK点付近のジャンプは着地するところが見えるのですが、そのジャンプは着地点が全く見えず、本当に落ちていく感じでした。
また、計測も多分そこまで想定していなかったのでしょう、結果が出るのにすごい時間がかかりました。

あれは本当に度肝を抜かれました。





考えてみれば、このときが日本ジャンプ陣の最後の雄姿だったような気がします。

色々日本に不利なルール変更があったりして大変だとは思いますが、今の成績は悲しすぎます。
ワールドカップで常に上位を争えるぐらいになれば楽しみはあるのですが・・・

あの、長野オリンピックでの感動をもう一度味わいたいです。




以上、オリンピック中はピンバッチ集めに躍起になっていた六の今日の日記です。
posted by 六 at 00:13 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。