2008年09月18日

メモ

携帯からなのでソースも何もないですが、何気なくmixiのニュースを見て驚きました。

Googleのストリートビューが携帯対応するとのこと。

僕の携帯は対応外ですので見ることは出来ません。

前の記事でも書きましたが、携帯が今後大きな役割を持ってくる中で大きなことだと思います。

今後、ストリートビューが日本中を網羅するようになったら、EZナビウォークのよう物に取って代わるようなサービスが出てくるかも…


或いは車がネットに繋がり、ストリートビューがカーナビになるかもしれませんね。安価でカーナビを使えるかもしれません…
posted by 六 at 17:11 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
2008年09月02日

画面か紙か

web上には様々な役に立つ情報があちこちに転がっています。

最近はいろいろな論文を見ているのですが、そのようなものも結構web上で公開されていたりします。



ただ、web上に公開されている論文、なぜか頭の中に入ってきません。

分量的に10ページを超えるものからきつくなってきます。

どうしても紙の形でないとだめです。

僕だけでしょうか?



その原因はおそらく以下の点だと思います。

1、目が悪い

2、手でいろいろ書き込みたい


まず、1の目ですが、僕は眼鏡をかけてても視力が0.8ほどしかありません。(調子のいいとき)
運転免許を取るときも1回目ではだめで数回検査をしました。
ついでにドライアイの傾向があります。
画面をずっと見続けていると目が物凄く疲れてしまいます。
普段は無意識のうちに目が疲れないように、時々外を見たり、目を瞑ったりしながらディスプレイを見ています。
しかし、論文とかを読むときには妙に力が入ってしまい、ディスプレイを凝視してしまいます。
瞬きもあまりしないで見続けるので、目がすごく疲れてしまいます。
紙に印刷されたものはあまりそういうことは無く、目が疲れることなく読み続けることができます。

次に、2の書き込みたいという点です。読解力が低いんでしょうね。難しい言葉で書かれた文章を読むときに僕は頭の中で自分の分かりやすい言葉に置き換えて読んでいます。それを頭の中の作業だけにするのではなく、実際に書き込むことよってさらに頭の中で整理をすることができます。
また、ちょっと分かりづらかった部分に印を打って後で読み返すこともできます。
このようなことは紙の上だとできるのですが、ディスプレイ上にはできません。




どうもこれだけではないような気もしますが・・・




web上で論文を見つけてもそれを読むために印刷をしないといけないということで、インク代も痛いです・・・
posted by 六 at 11:56 | 京都 ☀ | Comment(3) | TrackBack(0) | その他
2008年07月07日

エコエコって

なんか、今はNHK教育が砂嵐です。

エコのために(サミットを前日に控えた)今日だけ休止だそうです。

なんか気持ち悪いです。

どのテレビ局も最近になって急にエコエコって言い出して、エコ特番とかやってるんですよ。

個人でエコと称した節約生活を送る分には大いにいいことだとは思うんですけど、マスコミで一気に叫び始めるとなんとなく違和感を感じます。

僕が天邪鬼だからでしょうか?



まだまだ乗れる自動車を燃費がいい新しい車に換えるということがエコだそうですね。

新しいものを買うよりも今までのものを大事に使うことのほうがとても環境にやさしいと思うんですけど。

なんとも言い表せない違和感。
posted by 六 at 01:01 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
2008年07月06日

傍観者効果という言葉を知ったことによって

今、読んでいる本の中で気になった事例があったので調べてみました。

まだ、初めのほうしか読んでないのでなんともいえないのですが、本の内容は、犯罪率や、性病の感染者数、古臭い靴のブランドなどさまざまなものがブームになるという仕組みを「ティッピングポイント」という言葉を使って明らかにしていく本です。
感想は読み終わってから書いてみたいと思います。



で、事例なんですが、「爆発的感染」が起こる原則の1つ、「背景の力」に書かれていたある事件です。
「キティ・ジェノヴィーズ事件」という社会心理学とかを学んでいる人には有名な話だそうですが、僕は始めて知ったのでここに書かせてもらいます。

以下はソフトバンク文庫「急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則」(マルコム・グラッドウェル=著・高橋啓=訳)殻の引用です。

たとえば、一九六四年に起こったニューヨーク市の歴史に汚点を残した事件、すなわちキティ・ジェノヴィーズという名で知られているクイーンズ区の若い女性が刺殺された事件について考えてみよう。ジェノヴィーズは彼女に恨みを持つ人に追われ、三〇分間に三度にわたって路上で襲撃された。この間、三八人の隣人が窓からその様子を目撃していたが、誰一人として警察に通報しなかった。

傍観者効果
という話をするときにいつも出てくる話だそうで、多くの人と一緒に目撃してるからこそ自分は何もしないという現象を証明してしまった事件です。

この後、ラターンとダーリーという2人が行った研究によると、一人で目撃した緊急事態に対しては助けに行く人が多いのに、多数で目撃した場合は助けに行く人が少ないという結果が起こったそうです。

何か問題がありそうでも、他の人が行動していないから、たいした問題ではないと思ってしまうという人間の心理を表しています。



これに似た事件として、サンダーバードで起こった暴行事件を思い出しました。

特急列車の中で暴行が起こり、それを目撃していた人が誰も行動を起こさなかったっていう事件です。

それに対して僕は「何で乗っている人は助けなかったんだ!」という傍観者に対して疑問を持っていました。と同時に「自分だったらどうだったか・・・」とも・・・
また、日本人の悪い面が出たような事件だとも思っていました。

無知でした。

傍観者効果ということを知ったことで今になってその事件について別の見方もできるようになりました。

全世界のどんな人間にもありうる、普遍の心理がこのような事件を起こしてしまった。だから、そういう効果が発生しないような社会を作らなければならない。

ではどうするのか?

日ごろから、率先して行動を起こすということを訓練する・・・?

バスや電車で席を譲るということから・・・

自分の行動によるマイナス面より、プラス面のほうが意識できればいいんですけどね。







一つの言葉、事柄を知るだけで考えが広まりました。

情報っていうのは栄養になりますね。



商品に対する口コミだとか他人の評価とかいう情報も、新しいものを一つ得るだけで、より自分にとって最適な商品選びの参考になるはずです。
だから、口コミは量が1番だと考えます。


posted by 六 at 23:02 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
2008年06月26日

あきらめたらそこで・・・

ここのところ、毎朝8時30分からテレビ大阪でスラムダンクを放送しています。

出かける準備をしながら毎日見て、懐かしい気持ちになっています。

ちなみに今日は三井が「バスケがしたいです」って言ったところでした。





「あきらめたらそこで試合終了だよ」



いい言葉ですね。今になって実感しています。

どんなに困難な目標であってもそれを思い続け、全力で向かっていくことで達成の可能性はまだまだ残っています。しかし、それをあきらめてしまうと、その目標達成への可能性がゼロになってしまいます。
(あきらめてしまったら、それはもう「目標」ではないのかもしれないけど)

僕もある目標を思い続けていて、できることをやっていこうと思っています。

諦めが悪くてそれによって多くの人に迷惑をかけていることは自分でもわかっています。
今まで仲がよかった人にも嫌われているかもしれないというのも薄々感じています。

本当に申し訳ありません。
posted by 六 at 00:42 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
2008年06月22日

サザン

驚いた・・・

今さっき、18時前に一斉にCMでサザンの曲が流れました。

2局が同時って事はたびたびありますが、民法すべて同じでした。

何かの戦略ですかね?

帰ってきてから確認してみたいと思います。


結果
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/media/080620/med0806201004000-n1.htm
資生堂の夏キャンペーンだそうです。

時間的に18時直前ということで恐らく多くの人がチャンネルを変えるであろうタイミングに一緒のCMが流れたということで、多くの人の印象に残ったのではないでしょうか?
posted by 六 at 18:03 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
2008年06月11日

思いつき

http://hoboomoitsuki.seesaa.net/

チラシの裏の裏側です

一言程度の思ったことは、そっちに書こうと思います
posted by 六 at 01:36 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
2008年05月30日

100over

昨日のアクセスが100を越えててびっくりしています。

1日に何回もニュースを元に更新しているって言うのが大きな原因だと思うのですが、その中でも「学校裏サイト」というタイトルがものすごい影響を与えているみたいです。

百度のブログ検索で来る人がとても多いですね。

今は結果がもう2ページ目なのでアクセスは減っていますね。

多くの人に見てもらえるブログですのでしっかりと書く内容には注意しなければなりません。
posted by 六 at 13:20 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
2008年05月10日

モバイルの話

今日、ゼミの中でモバイルインターネットの会社についてのDVDを見て、色々思ったことがあったので調べてみました。

何で公式サイトがあるのか?
docomoやau、softbankなど、それぞれのキャリアごとにメニューカテゴリに登録されているサイトがあります。

理由
1、今までは携帯で検索をする機会が少なかった
http://www.e-research.biz/profile/pro_3/003287.html
最近では↑のように携帯で検索を行う機会が増えたそうですが、今まではあまり行われていませんでした。検索の精度が低かったということが主な理由だと考えられます。

2、集金がしやすい
有料コンテンツを配信する場合、パソコンではカードや銀行振込、ウェブマネーなどで使用量を払わなければいけません。
そこに抵抗がある人も少なくないでしょう。携帯電話の場合はキャリアが有料コンテンツの利用料を代行して徴収してくれます。

最近では勝手サイトで強いところも数多くありますが、モバイルフィルタリングの影響でどうなることか・・・



携帯のフィルタリングとは?
改めて調べてみました。

以前から各キャリアで未成年に有害(?)であるサイトを見せないようにするフィルタリングサービスというものはあったのですが、政府がそれを未成年(新規契約だったら20歳未満、現在利用している人だったら18歳未満)だったら原則加入にしろって言っているっていう話です。

今までは「要請」「依頼」であって、フィルタリングはキャリアごとの自主努力だったのですが、それが「原則」となった理由のひとつには、携帯出会い系での犯罪が増えてきたっていうことがあるそうです。

年齢確認は形式的なものだったので未成年でも自由に登録でき、そこが犯罪の温床になってしまった。なのでそういうサイトに未成年が接触できないようにという試みです。

元々携帯電話は若年層のユーザーが多く、そういった層を相手にビジネスをしていた企業が多くあります。昨年調査をしていた通販においても高校生ぐらいが携帯を利用して物を買うという機会が増えてきたという話を聞いたことがあります。本人はお金を持っていなくても親に買ってもらうという形ですね。そういった点から考えても携帯電話を使ったビジネスをやっていた会社にとっては大きな痛手になると考えられます。



フィルタリングにはホワイトリスト方式と、ブラックリスト方式があります。

ホワイトリストはキャリアが見てもいいというサイトを決めて、それ以外は見せないという仕組みで、ブラックリストは見ちゃダメなカテゴリが定められ、それに該当するサイトは見ることが出来ないという仕組みです。

ホワイトリストについてはキャリアの公式サイトにとって有利に働き、不当な競争阻害が起こるという懸念があります。
ブラックリストに関しては内容がすばらしいサイトであってもダメなカテゴリに当てはまると見ることが出来ません。
このブログもおそらく見ることが出来なくなるでしょうね。
たとえば掲示板という形のサイトは「コミュニティー」のカテゴリに含まれて見ることが出来なくなるそうです。有害情報に対して敏感でそれに対する方策を色々とっているサイトでも見ることが出来なくなるかもしれません。



このように問題は色々あると思いますが、だからフィルタリングをしなくていいということはないと思います。
何らかの規制は必要だと思います。
たとえば18禁のサイトに対し、形式的でなく厳しく年齢確認が出来るようになったらいいと思います。何らかの基準でそれを怠ったサイトをブラックリストに登録する、というのはどうでしょうか?

かなり見づらい文章になってしまいました。
すいませんでした。


http://japan.cnet.com/mobile/filtering/story/0,3800085738,20370261,00.htm
posted by 六 at 00:34 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
2008年05月06日

願望

日記でも何でもありません。

今、無性に欲しいもの、やりたいことを書きます。
(除内定←当然のことだから)





相棒の映画を見たい。

相棒のDVDをレンタルし、1から見返したい。

一人でカラオケに行って、3時間ぐらい歌い続けたい。

新しいスカジャン(赤系)が欲しい。

メガネが後5本欲しい。

夏用の安い和柄Tシャツがたくさん欲しい。

フードプロセッサーが欲しい。

宝くじを10万円分買いたい。

高速バスで日本1週をしたい。

乳歯が抜け、早く永久歯が欲しい。

自動で動く掃除機が欲しい。

東北地方に行きたい。







まだまだ出てきそうですが、今日はここまで。
posted by 六 at 00:02 | 京都 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | その他
2008年03月23日

火事

五条烏丸の交差点を沢山の消防車が通っていき、細い道に入っていったので後をつけてみました。

東洞院で火事みたいです。

6台以上消防車がいました。
posted by 六 at 21:45 | 京都 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
2008年02月24日

パソコン?携帯?

パソコンの“SNS疲れ”からケータイの“SNS元気”へ(メディアパブ)によりますと、昨年の末から今年にかけてパソコンでのSNS利用者が減ってきているそうです。

自分の友人として登録されている多くの人の日記を見て、コメントをして、日記を書いて、コメントを見て、返事を書いて・・・

っていうような付き合いに疲れてしまう、SNS疲れっていうのが原因だそうです。

ですが、携帯でのSNSユーザーはその手軽さから増えていっています。

mixiでは携帯SNSのほうがパソコンSNSよりも利用者が多くなっています。

確かに、僕のmixiのマイミクの人が残してくれた足あとを見ても、なんとなく携帯で見ている人が多いという印象を感じます。

mixiに足あとが残っていても、ブログのアクセス解析を見ると、ブログには来ていない。

携帯からだと今のところ外部ブログは見れません。

ということはブログに来ていない人はきっと携帯ユーザーでしょう。

mixiもmixiコレクションやピコミクのような携帯専用のサービスに力を入れているみたいなので、この流れはさらに顕著になると思います。


となると、お願いしたいことがあります。

携帯mixiからでも外部ブログが見れるようになってほしい・・・
posted by 六 at 22:18 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
2008年02月22日

ドロップシッピングって・・・

前にドロップシッピングサイトを作りましたが、結局うまいこといかずずっと放置しています・・・

商品情報を仕入れてそれを自分で値段をつけて売るっていうのはとてつもなく大変なことだと気づきました。

なので、ドロップシッピングは違う楽しみ方をしてみようと思います。

自作のデザインを使ってTシャツとかマグカップとか作れるサービスもあるのでそういうのを使って個人的に楽しんでみようと思います。

部活やサークル、ゼミとかの団体のTシャツとかも作れます。

実際に一つ作ってみました。

写真がどれだけ鮮明にプリントされるかが見ものです。
posted by 六 at 00:13 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
2008年02月07日

読んでもらう文章

右上にあるブログスカウターで、このブログに来てくれた人の滞在次官が見られるようになりました。







見なきゃよかった・・・


5秒って・・・



しっかりと人に読んでもらえる文章を書かなければいけないと思いました。
posted by 六 at 09:14 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
2008年02月06日

宿泊:赤坂グランベルホテル

2月4・5日、東京の旅でお世話になったホテルです。


赤坂グランベルホテル

普通に泊まったらシングルで1万3千円ほどだったのですが、楽天トラベル
経由で予約したら1万円以内で泊まれました。

赤坂見附駅のすぐ近く。
ただ、初めて行ったので道に迷ってしまいました。



ホテルはデザイナーズホテルみたいな感じでとてもおしゃれでした。

赤坂グランベル赤坂グランベル2
赤坂グランベル3

部屋の中は少し大きなベッドとシャワールーム(バスルームではありません。バスタブはありませんでした。)があるくらいなんですが、とてもいい雰囲気でした。

朝はフロントのところにパンとコーヒーがサービスで置いてあり、新聞も自由に持っていっていい。
ミネラルウォーターのサービスも有難かったです。

コンビニもすぐそばにあり、ちょっとしたものを買いに行くにも便利でした。

もし、また安く泊まれれば今度も利用したいと思います。




posted by 六 at 10:05 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
2008年02月01日

検索ワード

1 [Google] 裏ミクシィとは 11.7% 25
2 [Google] 裏ミクシィ 4.2% 9
3 [Yahoo!JAPAN] 六中裏サイト 3.7% 8
4 [Google] キャンセル 3.3% 7
5 [Yahoo!JAPAN] スタブラ 3.3% 7
6 [Google] スタブラ 3.3% 7
7 [Google] ローソンチケット 3.3% 7
8 [Google] キャンセル待ち 2.3% 5
9 [Yahoo!JAPAN] けじめピザ 1.8% 4
10 [Google] スカジャン 1.8% 4
11 [Google] 裏ミクシー 1.8% 4
12 [Google] 早朝 1.4% 3
13 [Google] 就活アカデミー 1.4% 3
14 [Yahoo!JAPAN] つまらない 1.4% 3
15 [Google] ヒトカラ 1.4% 3
16 [Google] ローソン 1.4% 3
17 [Yahoo!JAPAN] 久保田利伸 0.9% 2
18 [Yahoo!JAPAN] 権堂 0.9% 2
19 [Yahoo!JAPAN] 京本 0.9% 2
20 [Google] 京本 0.9% 2
21 [Google] 新田辺 0.9% 2
22 [Google] ロッピー 0.9% 2
23 [Google] チラシ 0.9% 2
24 [Google] 5時 0.9% 2
25 [Google] 阪神 0.4% 1
26 [Yahoo!JAPAN] 京本政樹 0.4% 1
27 [Yahoo!JAPAN] ちりとてちん 0.4% 1
28 [Google] 千住札 0.4% 1
29 [Yahoo!JAPAN] 四条烏丸 0.4% 1
30 [Yahoo!JAPAN] ロイドコーヒーハウス 0.4% 1
31 [Yahoo!JAPAN] 笑い飯 0.4% 1
32 [Yahoo!JAPAN] ロボット 0.4% 1
33 [Yahoo!JAPAN] 今出川 0.4% 1
34 [Yahoo!JAPAN] site:http://back-of-chirashi.seesaa.net/ 0.4% 1
35 [Google] 長野駅付近 0.4% 1
36 [Google] シャワー 0.4% 1
37 [Yahoo!JAPAN] 中学裏サイト 0.4% 1
38 [Yahoo!JAPAN] すき家 0.4% 1
39 [Google] 六のチラシ 0.4% 1
40 [Yahoo!JAPAN] 同大 0.4% 1
41 [Yahoo!JAPAN] 長野県男性長生きの秘訣 0.4% 1
42 [Yahoo!JAPAN] 京都新聞 0.4% 1
43 [Yahoo!JAPAN] 京都 0.4% 1
44 [Yahoo!JAPAN] サンドウィッチマン 0.4% 1
45 [@nifty] 香港旅行チラシ 0.4% 1
46 [OCN] 同志社今出川校地整備 0.4% 1
47 [Yahoo!JAPAN] 日経ナビ 0.4% 1
48 [Google] 六のチラシの裏 0.4% 1
49 [Yahoo!JAPAN] 風俗 0.4% 1
50 [Google] 今出川 0.4% 1
51 [Google] 日本女性の選挙権取得の裏 0.4% 1
52 [Yahoo!JAPAN] 六のチラシの裏 0.4% 1
53 [Yahoo!JAPAN] スカジャン 0.4% 1
54 [Google] 散髪 0.4% 1
55 [Google] 読む 0.4% 1
56 [Yahoo!JAPAN] 香港までの移動時間 0.4% 1
57 [Yahoo!JAPAN] 中学の裏サイト 0.4% 1
58 [Yahoo!JAPAN] カバン 0.4% 1
59 [Yahoo!JAPAN] スカジャンの着方 0.4% 1
60 [Yahoo!JAPAN] トータルテンボス 0.4% 1
61 [Yahoo!JAPAN] 中田カウス 0.4% 1
62 [Goo] 裏ミクシー 0.4% 1
63 [Google] Cocon 0.4% 1
64 [Yahoo!JAPAN] キングコング 0.4% 1
65 [BIGLOBE] フィギュアスケート用の靴 0.4% 1
66 [Yahoo!JAPAN] ドクトル・ノイバウアー 0.4% 1
67 [Yahoo!JAPAN] サンドイッチマン 0.4% 1
68 [Google] 神戸ルミナリエの電気 0.4% 1
69 [Google] 画像 0.4% 1
70 [Google] 香港海洋公園 0.4% 1
71 [Google] チケット 0.4% 1
72 [Yahoo!JAPAN] 動画 0.4% 1
73 [Yahoo!JAPAN] 男色ディーノ 0.4% 1
74 [Google] ローソンチケットとチケットぴあ 0.4% 1
75 [Google] 四条 0.4% 1
76 [Google] 信濃の国 0.4% 1
77 [Google] みんな歌える 0.4% 1
78 [Google] 5時 0.4% 1
79 [Yahoo!JAPAN] 関西学院 0.4% 1
80 [Google] 月曜日 0.4% 1
81 [Google] なるトモ 0.4% 1
82 [Google] ヤフーチケット 0.4% 1
83 [Google] 駅ビルの清掃 0.4% 1
84 [Google] ぴあ 0.4% 1
85 [Google] 香港が寒い 0.4% 1
86 [Yahoo!JAPAN] 六のチラシ 0.4% 1
87 [Yahoo!JAPAN] ?? 0.4% 1
88 [Google] 深夜 0.4% 1
89 [Google] 就活診断 0.4% 1
90 [Google] スタブラ就活アカデミー 0.4% 1
91 [Yahoo!JAPAN] 就活 0.4% 1
92 [Yahoo!JAPAN] セミナー 0.4% 1
93 [Google] 裏香港 0.4% 1
94 [BIGLOBE] 裏ミクシィ 0.4% 1
95 [Yahoo!JAPAN] 関西学院大学 0.4% 1
96 [Yahoo!JAPAN] サーロインステーキ重 0.4% 1
97 [Goo] 陬上Α繧ッ繧キ繝シ 0.4% 1
98 [Yahoo!JAPAN] KREVA 0.4% 1
99 [@nifty] 陬上Α繧ッ繧キ繧」 0.4% 1
100 [Yahoo!JAPAN] ローソン 0.4% 1
101 [Yahoo!JAPAN] 感想 0.4% 1
102 [Google] ブログ 0.4% 1
103 [BIGLOBE] 裏ミクシー 0.4% 1
104 [Yahoo!JAPAN] 風林火山 0.4% 1
105 [Google] site:back-of-chirashi.seesaa.net/ 0.4% 1
106 [Goo] 香港 0.4% 1
107 [Goo] ビクトリアピーク画像 0.4% 1
108 [Yahoo!JAPAN] インターネットのデメリット 0.4% 1
109 [Google] 香港に行って 0.4% 1
110 [Google] ANA 0.4% 1
111 [Google] 安いスカジャン 0.4% 1
112 [Google] 裏ミク 0.4% 1
113 [Google] ロイズ 0.4% 1
114 [Google] 馬渕 0.4% 1
115 [Google] 試験監督 0.4% 1
116 [Google] 保険 0.4% 1
117 [Google] 就職 0.4% 1
118 [Google] 動物占い 0.4%


2007年11月〜2008年1月までにこのブログにやってきた人の検索ワードです。
正直、少ないです・・・

まあ、こんなつまらない日記のようなブログのアクセス数が伸びててもおかしいんですけどね。

コメントも少ないし・・・
ミクシーの足跡ともリンクして考えてみるんですけど、ミクシーには足跡を残しているけど、こっちには来ないって人が多いみたいです。
ミクシーをやる人は携帯からが多いんですかね。




検索ワードに戻りますが・・・

やはり、「裏ミクシィ」って言葉が強いです。
http://back-of-chirashi.seesaa.net/article/10204024.html
「六のチラシの裏 ミクシー」
ブログのタイトルと記事の題名の組み合わせなんで重要度がまして考えられますよね。

後、3位の「六中裏サイト」って・・・

○○六中学校のの裏サイトを検索しようとしてこのブログに飛んできたみたいです。

裏サイトってねぇ・・・

どこが面白いのか・・・

このブログが中学生が間違った方向に進まないための防波堤になったんなら本望です・・・



「ローソンチケット」「キャンセル待ち」も結構強いです。
http://back-of-chirashi.seesaa.net/article/8420663.html

この記事ですね。

この頃に比べて、文章が全然進歩していない・・・

2年以上(別のブログも含め)続けてきているのに・・・

posted by 六 at 14:03 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
2008年01月26日

美味

このところ1週間に2日は四条烏丸のすき家に行っています。

3種のチーズ牛丼にはまってしまいました。

普通の牛丼にチーズをのっけただけのものだと思いますが、僕にとっては大ヒットです。

お金に余裕があるときは味噌汁をつけて、大盛りにして・・・







ちょっとした幸せなひと時です
posted by 六 at 23:08 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
2008年01月17日

ヤバい…

事故渋滞で面接に間に合わない可能性大
posted by 六 at 17:26 | 京都 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
2007年12月26日

僕の町(MyMiniCity)

http://ms-sixcity.myminicity.com/

色々とウェブサイトを見ていたら、「MyMiniCity」なるものを目にしました。

まだよく分かってない部分もありますが、

自分が町を造る国を選び、町名を入力することで、URLが与えられて、そこへのアクセス等により町が発展していくといったものの様です。

M'sSIXCITY.JPG

これが僕の町です。まださっき登録したばっかなので全然です・・・



どんな感じで発展していくものなのかよく分かりませんので、ある程度発展していったらこの場で随時お知らせしていきたいと思います。
posted by 六 at 00:11 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他
2007年12月21日

心地よい疲れ・人を喜ばせる・将来の夢

1時間目から6時間目まで大学にいるというのはやはり疲れるものです。

毎週のように眼が真っ赤になります。

ですが、僕はこの疲れをいやーな疲れとは感じません。

むしろ心地の良い疲れだと感じています。

やりたいことをとことんやった疲れ

や、

僕のやったことによって周囲の人に喜んでもらえること


これは心地の良いことだと思います。





ブログでもそれらしき記事を書いていますし、周囲の人には宣言していますが、僕はインターネットビジネスに大変興味があります。

幅広いIT業界の中でもBtoCのサービス業的なインターネットビジネスに興味を持っています。

今後更に成長が見込める分野でありますし、発想次第で多くのことが実現できるであろうという部分、その発想によって生み出されたサービスは多くの人に喜んでもらえるという点に魅力を感じています。

ゼミも、そのようなことが学べるであろうゼミということで、今のゼミを選択しました。

ゼミの様々な勉強、それから派生しての個人的な勉強は知的欲求に十分に答えてくれます。

また、様々な人と知り合いになり、勉強以外の部分でも得るものは大いにあります。





そろそろエントリーシートを書かなくてはいけない時期になってきました。

というか、既に一社提出を終えました。

後、直近の締切で行けば、僕の誕生日の次の日が本命の会社のエントリーシートの締切です。

学生時代頑張ってきたこととか、自己PRとか、色々書かなくてはいけません。

頑張ってきたこと・・・

バイトは正直ネタになるところが少ない・・・

サークルは2回の時の大会運営が書き方を工夫すれば結構いいネタになるはず・・・

しかし、インターネットビジネスを行っている会社を受ける場合にはゼミでの勉強に関して書けばいいのかなと思っています。

インターネットビジネスを行っている会社の人相手に、「専門的に勉強してきました」的なことを伝えれば、印象に残ってくれるんじゃないかと思っています(実際どうだか知れませんが・・・)

また、自分で言うのもなんですが、ゼミでの勉強は頑張ってきたこととして胸を張っていうことができるはずです。


これから、もっともっと頑張っていくつもりですしね。




夏休みの頃から時々心地の良い疲れを感じています。

それによって多くの人に喜んでもらえる仕事に尽きたいと思い始めた今日この頃です。






1回生のことから、この分野の勉強をしておけば・・・
posted by 六 at 23:20 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | その他

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。